林動物病院

〒411-0816 静岡県三島市梅名97-5

Case 2 : 犬の左肺後葉全摘出術 / 【早期発見が大事】犬の肺腫瘍

 

今回は犬の肺腫瘍(肺腺癌)摘出手術の話をさせて頂きます。

 

犬の肺がん・肺腫瘍とは

犬の肺腫瘍は原発性肺腫瘍転移性肺腫瘍の2種類に分けられます。

  • 原発性肺腫瘍とは、肺に直接できる腫瘍のことで、多くは悪性腫瘍です。肺にできる腫瘍の10%未満程度です。治療として今回の症例の様に手術が選択できます。
  • 転移性肺腫瘍とは、他の臓器でできた腫瘍が肺に転移した状態です。肺にできる腫瘍の多くがこの転移性肺腫瘍です。

 

犬の肺がんの症状

原発性肺腫瘍の場合、初期では特に目立った症状がなく、早期の発見が困難です。

現れる症状として以下に示すものがあります。

  • 呼吸困難
  • 呼吸促拍
  • 元気消失
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 喀血

上記の症状が出ている場合は肺がんが進行している場合があります。早期発見の手助けとして、高齢犬では定期的な健康診断が重要です。

 

それでは今回の症例の話をしていきます。

 

今回の症例は何も症状がなく、偶発的にレントゲン検査で腫瘍(ピンクの丸の中)が確認されました。

こんなに大きくなっても症状はありませんでした。

飼い主さんと治療の相談をし、外科的に切除する事になりました。

下記より外科手術の話になります。

 

外科手術による左肺後葉全摘出術

 

皮膚を切開したところです。真ん中の白い部位が肋骨です。

 

 

今回は腫瘍が大きい為、肋骨を切って、術野を広くします。後で切った肋骨を整復するため予めワイヤーを通す穴を作成します。

 

肋骨を電気鋸のモーターハンドピースで切っていきます

 

開胸したところです。腫瘍が確認されます。

 

腫瘍が大きい為、腫瘍のある肺葉を根本から全切除します。血管はシーリングシステムを使用して止血・凝固・切除を同時に行います。心臓のすぐそばなので慎重にすすめていきます。

 

肺葉切除後に血管からの出血と気管支からの空気の漏れがないか確認をします。

 

開胸時に切った肋骨を整復し、胸腔内にドレーンを設置して閉胸していきます。

 

切除した腫瘍です。病理検査の結果、悪性度の高い肺腺癌でした。

 

術後のレントゲン写真です。腫瘍は認められません。黄色の矢印は胸腔内に設置したカテーテルです。術度5日目でほどんど胸水貯留がなくなったため、6日目で抜去しました。

 

切除した腫瘍を病理検査に提出した結果、診断は悪性度の高いの肺腺癌でした。

 

術後にも抗がん剤の投与をして経過を診ていきます。

 


まとめ

犬の肺がんの最善の治療は手術で切除する事です。しかし、多発性に発生していたり、大きくなり過ぎた腫瘍は切除できません。犬の肺がんの適切な治療を受けさせてあげるためにも早期発見が大切です。

肺がんの症状として決定的なものはありません。健康診断(動物ドック)などのレントゲン検査は早期発見につながります。また飼い主さんが愛犬の小さな変化や症状に気付いて早期に発見できる事もあるので、愛犬の日々の変化に注意してあげて下さい。